• 小金井の未来をつくる会

こがねい未来通信 No.6


小金井市の象徴である桜が咲き誇る季節が近づいてきました。私も小金井市が最も輝くこの季節を楽しみにしています。去る2月14日、小池都知事との貴重な意見交換会に臨みましたので、その概要をお知らせいたします。

冒頭、小金井市のさまざまな魅力や都市農業と食育を大切にしていくこと、小金井市を発展させていく決意を伝えました。また最重要課題である可燃ごみの円滑処理に関し、都や多摩地域からの支援に対する感謝の意を申し上げました。

要望事項として、1.子育て支援(保育利用料の格差是正や保育従事者の処遇改善等に係る補助制度の恒久化、新規施設開設手続の簡素化、育休制度拡充に関する国への働きかけ)、2.②駅周辺のまちづくり(武蔵小金井駅南口第二地区第一種市街地再開発事業における連携、東小金井駅北口土地区画整理事業への重層的支援および社会資本整備総合交付金に係る国への働きか

け)、3.庁舎建設に関する財政支援(市町村総合交付金および区市町村振興基金の対象事業拡大)、4.積極的な人事交流、5.都有地の有効活用(防災倉庫の利用等)、6.無電柱化の推進、7.JR中央線駅へのホームドア設置(国や事業者への働きかけ)、以上の7項目について要望しました。

そして、オリンピック・パラリンピックのフラッグツアーが行われる小金井桜まつりの案内や第四次都市計画道路に関する状況を伝え、最後に、小金井市への視察もお願いしました。

知事からは、丁寧かつ前向きな見解と、温かい激励をいただきました。東京都、都知事との連携は小金井市にとって極めて重要です。この会談の模様は東京都ホームページの録画配信から見ることができますので、ご関心のある方はご覧ください。

(市報こがねい 平成29年3月15日号より)

#こがねい未来通信 #小金井 #西岡真一郎

最新記事

すべて表示

こがねい未来通信NO25

猛暑の季節となりました。 新型コロナウイルスの感染拡大も深刻化しています。 熱中症対策や感染予防にはくれぐれもご留意ください。 市といたしましても、さらなる感染症対策や新たな支援策等に全力で取り組んでまいります。 市長就任以来、鋭意取り組んでまいりました長年の最重要課題である新庁舎および(仮称)新福祉会館建設は、複合施設建設の方針のもと、最終段階の設計工程である実施設計に移行しました。 基本設計案

こがねい未来通信NO24

新型コロナウイルスの感染防止への取り組みに際し、医療の最前線、介護や保育などの福祉現場、社会や私たちの生活を支えるためにご尽力されている方々、感染拡大の防止に努力されている市民の皆様、様々な支援の手を差し伸べていただいた方々に心から御礼を申し上げます。 今を生きる誰もが経験したことのない未知のウイルスとの闘いは、これからも続きます。 6月2日には、東京アラートが初めて発動されました。 新型コロナウ

こがねい未来通信NO23

新型コロナウイルス感染症対策には、皆さんのご協力が必要です。 感染拡大の防止にご協力をお願い申し上げます。 令和2年度は、小金井市の長年の最重要課題となっているごみ行政において、大きな節目の年す。 日野市、国分寺市および小金井市で構成する浅川清流環境組合では、4月1日より、 新しい可燃ごみ処理施設が本格稼働いたしました。 皆さんが排出する可燃ごみは、日野市域内の新施設へと搬入されています。 平成2