• 小金井の未来をつくる会

こがねい未来通信 No.2


去る5月31日、天皇皇后両陛下が小金井市をご訪問になりました。 天皇皇后両陛下がご一緒に外出されることを「行幸啓」と言いますが、今回の行幸啓は天皇陛下(当時皇太子殿下)が小金井にお住まいになってからちょうど70年の節目のこととなります。

行幸啓に際し、篠原議長と共に、お出迎え、ご視察の同行、ご会食、お見送りの役を賜ったことは、大変に名誉であり、生涯忘れ得ない、かけがえのない体験でした。また、両陛下がお召し上がりになった昼食には、江戸東京野菜や小金井産の野菜が使われており、大変嬉しい限りでありました。両陛下は、お会いになった人々には常に笑顔でお応えになり、また皇后陛下は、子どもがいる時にはすぐそばまで行かれ、愛眼と笑顔で接し、時にはほっぺたに手を触れておられ、私はその優しいお姿を拝見し、深く感銘いたしました。

さて、先日、市の平成28年4月現在の待機児童数を154人と発表しました。昨年同時期の待機児童数は164人で、同年度中に149人の定員増を含むさまざまな対策を行いましたが、10人の減少にとどまりました。入所できなかった方々には、心よりお詫びを申し上げます。待機児童が解消されない背景には、転入増や働きたいと願う保護者の増加等があり、現在も入園希望者は増加しています。若人世代の方々にとっても住み続けたいと願われるまちをめざし、今後もしっかりと将来予測を行いながら、平成29年4月時点での待機児童ゼロへ向けて、民間保育園の新設や既存園での対策等、あらゆる方策を複合的に取り組んでまいります。

小金井が子どもたちの笑顔あふれるまちでありたいと多くの方が願っていると思います。小金井市イメージキャラクターこきんちゃんには、スタジオジブリの宮崎駿監督の「子どもが元気なまちが発展するんです。」という思いが込められています。子どもたちは、小金井の宝であり、私は、小金井を児童遊園や子ども広場、公園など、遊びを通したさまざまな経験ができる場が多いまち、子どもの元気な笑い声があふれる、笑顔のあるまちにしたいと考えております。

天皇陛下ゆかりの地でもある小金井市が子どもたちにとっても最良のまちであり、市民・地域の力が活かされた子育て環境日本一となるよう奮闘してまいります。市民の皆様のご理解とご協力を心よりお願い申し上げます。

小金井市長 西岡真一郎

(市報こがねい 平成28年7月15日号より)

#こがねい未来通信 #西岡真一郎

最新記事

すべて表示

こがねい未来通信 No.20

暑い夏の到来です。市民の皆様におかれましては、健康管理や熱中症対策にご留意いただき、気を付けてお過ごしください。 最重要課題の一つとして位置づけ、鋭意取り組みを進めてきた新庁舎・(仮称)新福祉会館建設は、令和元年度より基本設計に移行し、各種作業を進めています。施設の老朽化や分散化、長年に渡る財政的課題を解決するため、市庁舎、旧福祉会館、保健センターを集約化し、複合施設として建設します。この間、テー

こがねい未来通信 No.19

新緑がまばゆい穏やかな季節を迎え、新元号「令和」が5月1日より施行されました。10連休はどのようにお過ごしになられたでしょうか。この間に市役所に提出された婚姻届は、4月30日には6件、5月1日には54件、10連休総計では72件も提出されました。記念すべき時節に新たに誕生したカップルの皆様、おめでとうございます。小金井市での新生活が明るく実り多いものとなりますよう、心よりお祈りいたします。 5月1日

こがねい未来通信 No.18

小金井市が一番輝く季節、桜花の春の到来です。子どもたちの確かな成長を実感する卒業式や入学式の季節となりました。市内には、玉川上水堤の名勝小金井(サクラ)や都立小金井公園内の50種類以上に及ぶ桜、野川沿道のしだれ桜等々、たくさんの名所がありますので、市内を散策していただき、たくさんの美しい桜花をお楽しみください。 さて、市長就任以来、子どもたちの育つ環境を向上するため、さまざまなことに取り組んでまい

Copyright © 小金井の未来をつくる会 .All Rights Reserved.



小金井の未来をつくる会

〒184-0004
小金井市本町6-8-38 藤曜コーポ102号
お問い合せ:
TEL:042-386-5771
FAX:042-386-5773
Mail:kogamira@nifty.com