• 小金井の未来をつくる会

こがねい未来通信NO24

新型コロナウイルスの感染防止への取り組みに際し、医療の最前線、介護や保育などの福祉現場、社会や私たちの生活を支えるためにご尽力されている方々、感染拡大の防止に努力されている市民の皆様、様々な支援の手を差し伸べていただいた方々に心から御礼を申し上げます。

 

今を生きる誰もが経験したことのない未知のウイルスとの闘いは、これからも続きます。

6月2日には、東京アラートが初めて発動されました。

新型コロナウイルスに特化したワクチンや治療薬は未だ開発中であり、専門家の方々からは、

第2波、第3波が想定されるとの見解も示されています。

感染防止への取り組みを怠ると一気に感染拡大に転じてしまう危険と背中合わせの状態で、

社会生活、経済活動の再開に移行していくこととなります。

この間、私たちが実践してきた手洗い、マスクの着用、三密(密閉・密集・密接)を避ける生活や働き方、ソーシャルディスタンスを保つ等の感染しない、感染させない行動や感染防止への取り組みを継続してください。

 

市では、新型コロナウイルスの感染拡大に対応し、市民生活を守るため、4月24日に「新型コロナウイルス感染症 小金井市緊急対応方針第1弾」、5月19日に「第2弾」を策定し、「いのちを守る」、「くらしを守る」、「地域を守る」、「市民サービスの基盤を守る」取り組みを全庁一丸となって進め、

現在「第3弾」の策定に取り組んでいます。

市民や事業者の皆様への支援につきましては、児童生徒一人に一台のコンピューターを配備するオンライン教育の環境整備を行うなど、子育て支援、高齢者や障がい者支援等の住民福祉の分野で国や東京都等の支援策を積極的に活用するとともに、事業継続支援給付金や高齢世帯へのエアコン設置等の市独自の新たな支援策も実施しています。

 

帰国者・接触者外来は、近隣市の病院の専用外来をかかりつけ医により紹介していただきます。

いざという時のために、かかりつけ医がいない方は自宅等の近くに見つけておくよう心掛けください。

PCR検査センターは、府中市、国分寺市、国立市、小金井市の4市医師会により5月25日に開設されました。

本市では小金井市医師会と緊密に連携し、小金井市専用の患者搬送用自動車を運行し、総合的な支援を行ってまいります。

 

暑い夏が目前です。市民の皆様におかれましては、くれぐれも健康管理や防火防災対策にご留意ください。

この困難を乗り越えていくために、力を合わせて努力していきましょう。


小金井市長 西岡真一郎

(市報こがねい 令和2年6月15日号より)


最新記事

すべて表示

こがねい未来通信NO25

猛暑の季節となりました。 新型コロナウイルスの感染拡大も深刻化しています。 熱中症対策や感染予防にはくれぐれもご留意ください。 市といたしましても、さらなる感染症対策や新たな支援策等に全力で取り組んでまいります。 市長就任以来、鋭意取り組んでまいりました長年の最重要課題である新庁舎および(仮称)新福祉会館建設は、複合施設建設の方針のもと、最終段階の設計工程である実施設計に移行しました。 基本設計案

こがねい未来通信NO23

新型コロナウイルス感染症対策には、皆さんのご協力が必要です。 感染拡大の防止にご協力をお願い申し上げます。 令和2年度は、小金井市の長年の最重要課題となっているごみ行政において、大きな節目の年す。 日野市、国分寺市および小金井市で構成する浅川清流環境組合では、4月1日より、 新しい可燃ごみ処理施設が本格稼働いたしました。 皆さんが排出する可燃ごみは、日野市域内の新施設へと搬入されています。 平成2

こがねい未来通信NO22

現在、新型コロナウイルスの感染拡大を防止する重要な期間となっています。市では新型コロナウイルス対策本部を設置し、関係機関と連携のうえ、集中的対策に鋭意取り組んでいます。市民や事業者等の皆様におかれましては、引き続き予防対策にご留意ください。  3月11日、甚大な被害が及んだ東日本大震災から9年を迎えました。阪神淡路大震災から25年、この間、各地で地震による大きな被害が発生しており、首都東京でも大地

Copyright © 小金井の未来をつくる会 .All Rights Reserved.



小金井の未来をつくる会

〒184-0004
小金井市本町6-8-38 藤曜コーポ102号
お問い合せ:
TEL:042-386-5771
FAX:042-386-5773
Mail:kogamira@nifty.com